HeyMileLab.

ハピタスをメインとした大量ANAマイルの貯め方を実践・解説する陸マイラーブログ!

MENU

【新ソラチカルート:LINE経由】ハピタスポイントをANAマイルに交換する手順を徹底解説!

f:id:rismoco:20180505164527j:plain

2018年4月からハピタスからANAマイルの貯め方が変わりました。その新しい交換手順(新ソラチカルート:LINE経由)を解説していきます。 

陸でANAマイルを貯める陸マイラー。ポイントサイト・ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換し、爆発的にANAマイルを貯めることが可能です。

私が2017年の一年に貯めたANAマイルは21万6千ANAマイル。

ハピタスって何?一年で20万ANAマイルって貯めること出来るの?という疑問の全てを解説したものが下記の記事になりますので、まずコチラからご覧ください!

ハピタスの使い方やANAマイルの原資となるハピタスの大量ポイントの貯め方などは、下記にまとめています。

それでは参りましょう。

1.ANAマイルの貯め方は大きく2つ 

2018年4月以降、ハピタスからANAマイルに交換できるルートは大きく2つあります。

● ソラチカルート
● ニモカルート

大きな違いとしては、下表の通りです。

  ソラチカルート ニモカルート
交換倍率 0.81 0.7
交換回数 3回 6回
必須カード 2枚 1枚
月の交換上限 18,000 なし
Web交換 ×

どちらのルートも一長一短があるのですが、一般的にオススメなのは、ソラチカルート。

ニモカルートの詳細については下記の記事を参考にして下さい。

www.heymilelab.com

2.ソラチカルートとは?

ソラチカルート。陸マイラーなら知らない人はいないですよね。

要点としては、ハピタスで貯めたポイントをソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)を使ってANAマイルに交換できる強烈な交換ルートです。

1)2018年3月までのルート

2018年3月までは、下の画面の通りのソラチカルートでハピタスからANAマイルに0.9倍で交換が可能でした。

f:id:rismoco:20180505155935p:plain

ハピタス→
ドットマネー→
メトロポイント→ ×0.9倍
ANAマイル

私もハピタスで貯めたポイントを交換して、月の交換上限である18,000ANAマイルを貯め続けることができました。2017年の一年間で21万6千ANAマイルです。

f:id:rismoco:20180407100039p:plain

しかし、ドットマネーからメトロポイントへの交換ルートが2018年3月を持って遮断されたため、2018年4月以降は、新しいソラチカルートを利用しないとANAマイルへと交換ができなくなりました。

主な変更点としては…

● 交換倍率が0.9→0.81倍
● 交換回数が3回→6回
● 交換に必要なカード1枚→2枚

となっています。

陸マイラーにとっては、非常につらい改悪でしたが、しかしまだ0.81倍という高レートで交換が可能です。私もこの新ソラチカルートを利用して、ANAマイルに交換していく予定です。

ということで、ハピタスを利用してANAマイルを貯めたい方に陸マイラー準備と新しいソラチカルートの交換手順を解説していきたいと思います。

2)2018年4月以降のルート

2018年4月以降は、下の画面の通りのソラチカルートでハピタスからANAマイルに0.81倍で交換していくこととなります。

f:id:rismoco:20180502221354p:plain

ハピタスポイント →
PeX →
ワールドプレゼント →
Gポイント →
LINE → ×0.9
メトロポイント → ×0.9
ANAマイル

通称新ソラチカルートです。

ソラチカカードを使って、メトロポイントをANAマイルに交換するため、そのように呼ばれています。これが2018年4月以降にANAマイルを爆発的に貯めるための陸マイラー必須のメインルートです。

 

ソラチカルートの特徴としては、

● 交換倍率が0.81倍

LINE→メトロポイント、メトロポイント→ANAマイルへの交換においてそれぞれ0.9倍で交換することになるために0.81倍となるものです。なお、その他のポイント交換においては、全て等価交換となります。

● 交換回数が6回

ハピタスポイント → PeX → ワールドプレゼント → Gポイント → LINE → メトロポイント → ANAマイル。交換回数が6回です。

● 交換に必要なカード2枚
ワールドプレゼントの交換に三井住友カード、メトロポイントの交換にソラチカカードが必要になります。

● 月の交換上限18,000ANAマイル

メトロポイント→ANAマイル間で交換上限があり、18,000ANAマイルが毎月貯められるマイル数となります。 一年で21万6,000ANAマイルですね。

【参考】レギュラーシーズンの東京-沖縄(往復)1名分が18,000ANAマイルです。

〔東京-沖縄〕必要マイル数│ANA国内線

f:id:rismoco:20170528143825p:plain

● Web上でANAマイルに交換可能

ポイント交換は全てWeb上で交換が可能です。

  

それでは、ソラチカルートを利用した陸マイラーとしての準備編とポイント交換編について解説します。それぞれ順番に下記の記事を参照下さい。

3.ソラチカルート【準備編】

陸マイラーの準備として、まず始めに行うこととしては、大きく2点。

①ポイントサイト等の登録(アカウント作成)
②三井住友カードとソラチカカードの発行

が必須です。サクっと済ませましょう。  

1)ハピタスへ登録

まずはハピタスに登録しましょう。登録方法が分からない方は下記の記事を参照してください。5分・無料で登録できます。

2)PeXへ登録

PeXに登録しましょう。登録方法が分からない方は下記の記事を参照してください。5分・無料で登録できます。

3)Vpass(ブイパス)へ登録

 Vpassに登録しましょう。登録方法が分からない方は下記の記事を参照してください。5分・無料で登録できます。
※Vpassの登録には、三井住友カードが必要です。発行されてから登録しましょう。

4)Gポイントへ登録

Gポイントに登録しましょう。登録方法が分からない方は下記の記事を参照してください。5分・無料で登録できます。

5)LINEへ登録

LINEに登録しましょう。アプリを入れるだけですね。既にアプリを入れている方が大半でしょうね。ということで登録方法は割愛します(笑)。

6)三井住友カードの発行

三井住友カードは、いくつか種類があるのですがオススメは、ANA VISA nimocaカードです。

f:id:rismoco:20180504090520p:plain

なぜ、ANA VISA nimocaカードをオススメするかというと、ソラチカルート以外にもハピタスポイントをANAマイルに交換するための方法(ニモカルート)があります。

f:id:rismoco:20180504094519p:plain

ハピタスポイント →
PeX →
ニモカポイント → ×0.7
ANAマイル

通称「ニモカルート」です。

ANA VISA nimocaカードを使って、ニモカポイントをANAマイルに交換するため、そのように呼ばれています。

ニモカルートは、交換レートが0.7倍となり、ソラチカルートの0.81倍より交換レートが落ちることや、九州や函館にあるポイント交換機を利用しないとANAマイルへの交換ができないというデメリットがあります。

その一方、ANAマイルへの毎月の交換上限がないといった大きなメリットがあることに加え、ソラチカルートの改悪(ルート遮断や交換レートの減少)があった場合、ニモカルートが主要な交換ルートになるかもしれないと陸マイラー界で予測されています。

ということで、現時点で、ソラチカルートとニモカルートの両者に利用できるANA VISA nimocaカードの発行が最もオススメです。

合理的に考えて交換ルートの選択肢が多いに越したことはありませんよね。私もソラチカルートを利用するためにANA VISA nimocaカードを発行しています。

なお、ANA VISA nimocaカードは、公式サイト(ANA VISA nimocaカード|クレジットカードの三井住友VISAカード)より発行できますが、ハピタスを経由して発行するのがお得です。

時期にもよりますが、現在であればハピタス1,500pt(1,500円相当)付与されます。もちろん公式サイトから直接発行したら、何もありません。ハピタスから発行した方がおトクです。

f:id:rismoco:20180506145211p:plain

※今回はソラチカルートの解説なので、ニモカルートのポイント交換手順などの解説は、割愛しますね。 

7)ソラチカカードの発行

f:id:rismoco:20180504085016p:plain

ソラチカカード。正式には、ANA To Me CARD PASMO JCB。ソラチカルートを利用するために、絶対に必要なカードです。とにかくこれがないと陸マイラー生活が始まりません。下記リンクより発行できます。ちなみに私の場合、申込を行なって手元に届くまで2週間程度かかりました。気長に待ちましょうね。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB|東京メトロ To Me CARD

発行方法が分からない方は下記の記事を参照してください。

そしてソラチカカードが届いたら、簡単な手続きをやってしまいましょう。これでソラチカルート開通です!陸マイラーとしての準備が整いました。あとはポイントをどんどん貯めて、ANAマイルへ交換するだけです!

【備考】ANA VISA nimocaおよびソラチカカードは、基本的に年会費2,000円(税別)がかかりますが、毎年カード継続時に1,000ANAマイルが貰える仕組みになっています。1ANAマイルの価値は2円以上であるので、実質の年会費は無料です。

4.ソラチカルート【ポイント交換編】

陸マイラーの準備が終わり、ハピタスポイントが貯まったら、ソラチカルートを利用してANAマイルへの交換しましょう。

ハピタスポイント → PeX → ワールドプレゼント → Gポイント → LINE → メトロポイント → ANAマイル

それぞれの交換手順を完全図解で記事にしていますので、分からないことがあれば参照してください。

1)ハピタスからPeXへ交換

ハピタスからPeXへ交換しましょう。

2)PeXからワールドプレゼントへ交換

PeXからワールドプレゼントへ交換しましょう。

3)ワールドプレゼントからGポイントへ交換

ワールドプレゼントからGポイントへ交換しましょう。

4)GポイントからLINEへ交換

GポイントからLINEへ交換しましょう。

5)LINEからメトロポイントへ交換

LINEからメトロポイントへ交換しましょう。

6)メトロポイントからANAマイルへ交換

メトロポイントからANAマイルへ交換しましょう。

7)交換完結!ANAマイルの確認方法

ANAマイルへ間違いなく交換されたか確認しましょう。

まとめ

2018年4月からハピタスからANAマイルの貯め方が変わり、その新しい交換手順を解説しました。分かりにくいところはなかったでしょうか。参考になれば幸いです。