HeyMileLab.

大量のANAマイルの貯め方を実践・解説するブログ。

MENU

陸マイラー×クレジットカード発行。1年間の発行枚数と獲得マイル数は?

f:id:rismoco:20171002231723j:plain 陸マイラーを始めて、1年が経ちました。1年間のクレジットカードの発行枚数と獲得マイル数について、簡単に整理してみたいと思います。陸マイラーをこれから始める方に参考になればと思います。

 

1.陸マイラー×クレジットカード発行。ANAマイルを貯めるための基本となるルーティン。

ANAマイルを貯めて、国内外を旅してみたい。家族に旅行をプレゼントしたい。ランニングレースの遠征費用をまかないたい。いろんな思いが交錯して、始まった陸マイラー活動。

ANAマイルは、クレジットカード決済では貯まらない。クレジットカードをポイントサイトで発行して、獲得したポイントサイトのポイントを、ソラチカルートにのせて0.9倍の高効率でANAマイルに交換していく。

陸マイラーの超基本的なルーティンですよね。

f:id:rismoco:20171002213115p:plain

そうすることで、下記のようにメトロポイントからANAマイルへ毎月「18,000ANAマイル」貯めることができます。年間にすると「21万6千ANAマイル」

f:id:rismoco:20170930213644p:plain

f:id:rismoco:20170930213656p:plain

f:id:rismoco:20170930213710p:plain

f:id:rismoco:20170930213721p:plain

f:id:rismoco:20170930213742p:plain

f:id:rismoco:20171001080103p:plain

(私のANAマイレージクラブのマイル口座を一部を抜粋したものです)

なお、私はハピタスというポイントサイトを主戦場としている陸マイラーです。

ハピタスを使ったポイントの貯め方・ANAマイルの交換方法については、詳しくは、下記の記事にまとめていますので、是非ご覧ください(^^)

www.heymilelab.com

 

さて先日、陸マイラー活動を始めて一年経ったことに気づいたんです。あれから一年かと。ブログなんかも始めてしまって、激動の一年だったなあと。

貯めたマイルで沖縄旅行を家族にプレゼントして、子供も大満足してくれたし、東京にも遊びに行けたし、陸マイラーってホントに最高だよなあと。

f:id:rismoco:20171002232608j:plain

そうして感慨に浸っている隣にはクレジットカードの封筒の山。おっと一体、1年間で何枚発行したんだと思って、数えてみることにしました。

2.年間の発行枚数は12枚。獲得マイル数は9万5千ANAマイル相当。

f:id:rismoco:20171002211704j:plain

早速、封筒を整理してみました。年間発行枚数は12枚。下記のクレジットカードを発行しました。なお、いくつかのポイントサイトを利用しているため、1P=1円換算で統一標記しています。

発行年月 獲得P(マイル) カード名称

2016.10     0(         0) ソラチカ
2016.10   6,000(  5,400) イオン
2016.10   6,300(  5,670) NTTグループ
2016.11   8,600(  7,740) エポス
2016.11 10,000(  9,000) ミスターカードローン
2016.12   8,500(  7,650) ウォルマートセゾン
2017.  1 12,000(10,800) セゾンインターナショナル
2017.  2   8,820(  7,930) ヤマダLABI
2017.  3 11,520(10,360) 楽天
2017.  4 10,250(  9,220) VIASO(ビアソ)
2017.  5 12,485(11,230) MUJI
2017.  9 10,100(  9,090) ライフ

合計  104,575(94,100)

 

よくもまあこんなに発行したもんだと、妻も隣で眺めて正直苦笑いですが、合計104,575円分のポイント。ソラチカルートで0.9倍の94,100ANAマイル相当のポイントを獲得することが出来ています。レギュラーシーズンの東京-沖縄(往復)5名分のマイル数ですね。

f:id:rismoco:20170528143825p:plain

(ANAのホームページより)

年間21万6千ANAマイルを生み出すソラチカカード。これを皮切りに、陸マイラーを始めた頃、まだ無知だったので月に3枚発行していることもありました(笑)。これは本当にオススメできませんので、ご注意を。

また、後半はポイントが高騰した時を狙って発行するようにしていたので、一撃1万マイル程度の獲得できる案件をこなせています。

審査に落ちることもなく、12枚しっかりと発行できたため、1年の成果としては、非常に満足しています(^^)。

ちなみに今年のクレジットカードの発行基準は、基本的に入会金及び年会費無料のものを中心に発行しています。陸マイラーの界隈で大人気の「SPGアメックス」は、3万円を超す年会費がネックですし、陸マイラーの紋所「ANA VISA ワイドゴールドカード」も発行していない状態です。何故か?

というのも今のところ身の丈にあった活動をしようというのが、主な理由です(笑)。私は前述した通り、一般・平均陸マイラー。高級ホテルに宿泊できなくてもいいんです。旅行先では、地元の民泊で家庭料理やソウルフードを食べるのが性にあっているし、SFC修行も今のところは志すこともありません。

3.陸マイラーを始めたばかりの方に注意してもらいたい。クレジットカードは多重申込に注意。

 陸マイラーがクレジットカード発行する際に気をつけるべきことがあります。それは「多重申込」です。先ほどの月に3枚という私の発行実績があって説得力に欠けて申し訳ないのですが(笑)。

陸マイラーを始めたばかりの方の中には、私を含めて、早くポイントを獲得したい欲が半端ない方もいると思います。とにかくポイントサイトの広告を手当たり次第オラオラで申込するといった具合に。そこが一番の落とし穴ですよね。

多重申込による審査落ち。信用情報(クレヒス)が傷つき一発ドボン。ポイントは付与されないわ、申込しても再度審査落ちの負のスパイラル。

ということで、そうならないためにも下記の内容を念頭に発行を進めることをオススメします。

 

 1.多重申込しない

 2.審査に落ちた場合は、6ヶ月間申し込まない

 3.発行したカードは、数回使う

 4.キャッシング枠を0円にする

 

この4点を必ず守ることで、月一枚程度(年間12枚程度)のクレジットカードの発行が可能となりました。時間がある方は、下記の記事を参考にして下さい。

www.heymilelab.com 

まとめ

陸マイラーを始めて、1年が経ったということで、1年間のクレジットカードの発行枚数と獲得マイル数について、簡単に整理してみました。平均的・一般陸マイラーの実像に少しは迫れたでしょうか(笑)

 陸マイラーをこれから始める方に参考になれば幸いです(^^)!