HeyMileLab.

大量のANAマイルの貯め方を実践・解説するブログ。

MENU

【FXトレード・フィナンシャル】取引を実践!図解で手順解説!大量ANAマイルを獲得しよう!

f:id:rismoco:20170109211841j:plain

 今回は、大量マイル獲得のため「FXトレード・フィナンシャル(FXTF)」の口座開設~取引の手順を図解で解説します。なお、「初心者陸マイラーでポイントを獲得するために初めてFX取引をする」そんな方へ向けた記事になっております。

既知の方は、ご了承くださいね。

f:id:rismoco:20170120224803p:plain

さて、先日、「FXトレード・フィナンシャル」案件がハピタスみんなdeポイントで期間限定一撃14,000ポイントとなっていました。14,000ポイントですとソラチカルートで0.9倍の12,600マイルですね。

このFXトレード・フィナンシャル案件は、ポイントが高額かつポイント獲得条件のハードルが高い部類に入ります。要は、初心者陸マイラーが、ある程度の経験を積んで実践するFX案件としてとらえて頂ければよいでしょう。

あと、初めに申し上げておきますが、このFX案件は、実際に取引するまでの下準備に少々時間がかかります。そして分かりにくい。正直面倒ですが、これも全てはマイルのため。記事もボリュームがありますが、丁寧に解説していきます。頑張っていきましょうね!

ちなみに、FXデビュー戦としてふさわしい「SBI FX」「DMM FX」「外為ジャパンFX」案件を利用していない人は、まずそちらの方から利用することをオススメします。下の記事を参考にしてくださいね。

【SBI FX】取引を実践!図解で手順解説!大量ANAマイルを獲得しよう!
【DMM FX】取引を実践!図解で手順解説!大量ANAマイルを獲得しよう!
【外為ジャパンFX】取引を実践!図解で手順解説!大量ANAマイルを獲得しよう!

下記の記事で「10案件以上(合計15万マイル以上)のFX手順解説」を行なっています。お時間のある方は、よかったら覗いて下さい(^^)

www.heymilelab.com

 

それでは、参りましょう。

1.FXTFのポイント対象条件

1)ポイント獲得条件を確認

 下の画面です。条件を確認します。 

f:id:rismoco:20170120225243p:plain

申し込みを行う前に、絶対に「ポイント獲得条件」を熟読しましょう。

ポイント獲得条件は、新規口座開設した後、取引時に次の3点を守ります。

 ① 60日以内に初回入金10万円以上
 ② 取引ツールはMT4
 ② 60日以内に50万通貨以上の取引

私は「米ドル/日本円」で1万通貨=1万ドル取引を「50回(新規25回+決済25回)」行って、50万通貨の取引条件を目指すことにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【注意!】2017年3月1日より、下記の通り獲得条件の「取引回数」に変更があっています。

「新規注文」のみで50万通貨取引完了が条件です。「決済注文」は含まないということですね。

 以前:1万通貨取引を50回新規25回+決済25回)=50万通貨
 現在:1万通貨取引を50回(新規50回)=50万通貨

以前、私が申込を行なった時は「決済注文」もカウントしてよかったんですね。

違いを簡単に言えば、取引回数が2倍になったということです。単純に新規注文回数が25回から50回に増えたと考えてもらえればよいでしょう。

初めての方には分かりにくいかもしれないので解説しますが、当然、新規注文を50回行えば、決済注文も50回行うことになります。取引は「新規注文」→「決済注文」という流れがワンセットですからね。決済注文は取引回数としてカウントしなくなった、ただそれだけのことです。

さて、下の画面です。現在の獲得条件、熟読必須です。参考までに!

f:id:rismoco:20170615234051p:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

次に、取引概要を整理しましょう。

「レバレッジ」については、取引額の4%=25倍ですね。

f:id:rismoco:20170120231350p:plain

「スプレッド」ですが、FXトレード・フィナンシャルでは、1,000通貨コースか10,000通貨コースどちらかを選択して取引することになります。

後で気づいたんですが、実はコースでスプレッドが違います。

下の画面です。

1,000通貨コースでは、0.3銭

10,000通貨コースでは、0.8銭

となっています。1,000通貨コースがスプレッドが低いので、こちらのコースで申込を行うことをオススメします。

f:id:rismoco:20170120231558p:plain

f:id:rismoco:20170130201115p:plain

 1通貨あたり0.3銭ですので、1万通貨取引あたり30円の手数料がかかります。頭に引っ掛けておきましょう。

なお、口座開設してからもコース変更は可能です。私は、何も考えずに10,000通貨コースで申込を行なっていたため、取引前に慌ててコース変更を行いました。

2)取引による損益

結論から言うと、私が行なった即時決済の50万通貨取引の結果は、480円の損失となりました。ざっくりそんな感覚のものと捉えてもらって結構だと思います。しかし、為替は、常に値動きがありますから、あくまで私が行なった結果の一例ですので、当然に損益額に個人差は生じます。今回は、損失となりましたが、当然利益側に働く場合もあります。あくまで参考まで。

2.FXTFの口座開設申込

下の画面です。「参加する」をクリック。

f:id:rismoco:20170120232658p:plain

下の画面です。「口座開設はコチラ」をクリック。

f:id:rismoco:20170120232728p:plain

口座開設申込画面となるので、指示に従い入力します。先ほど、説明にあったコース選択に関しては、下の画面です。1,000通貨コースをオススメします。

入力が済んだ後は、内容確認して申込を完了させます。

f:id:rismoco:20170120232832p:plain

なお、次に本人確認のための「書類送付」画面へと進みますが、口座開設には、「本人確認書類」及び「マイナンバー記載書類」の送付が必要となります。

最も手間がかからないのは、Web「アップロード」です。

私は、スマホで「個人番号通知カード(マイナンバー通知書類)」と「運転免許証(本人確認書類)」を撮影し、その写真データをアップロードしました。

その後、3日程度で、口座開設手続完了の書類が郵送で届きました。早いですね。

次は、実際の取引手順の解説です。

3.FXTFで取引を行おう

1)FXTFにログイン

下の画面です。まず「FXトレード・フィナンシャル」にアクセスします。

www.fxtrade.co.jp

下の画面です。トップページ左側の「ログイン」をクリック。

f:id:rismoco:20170120233928p:plain

下の画面です。ログインIDとパスワードを入力し、「ログイン」をクリック。マイページにログインします。

f:id:rismoco:20170120234121p:plain

2)取引を行うため入金をしよう

下の画面です。左側の「クイック入金/入金」をクリック。

f:id:rismoco:20170120234534p:plain

下の画面です。入金する金融機関を選択します。ちなみに私は、「ゆうちょ」で入金することにしました。そして重要なのが入金額。ポイント獲得条件①60日以内に初回入金10万円以上ですね。私はジャスト10万円入金しました。

「クイック入金確認」をクリック。

f:id:rismoco:20170121011720p:plain

その後、入金確認画面に移行しますので、内容を確認して「クイック入金」をクリックすると、振込を行う銀行のインターネットバンキングへと遷移します。

この部分は、利用される銀行がそれぞれ違いますので、入金手続きの手順は割愛しますね。画面の指示に従って入金すれば大丈夫です。

下の画面です。クイック入金受付完了です。

f:id:rismoco:20170120235150p:plain

3)MT4をダウンロードしよう

下の画面です。ここからが、少しややこしいんですが、まずMT4というFXツールをダウンロードしなければいけません。ポイント獲得条件②ですね。

マイページの「FXTF MT4」をクリック。「MT4ダウンロード」をクリック。なお、ログインIDに間違いないか確認しましょう。

〔補足〕オレンジの「変更する」から、通貨コースの変更が可能です。

f:id:rismoco:20170120235650p:plain

 下の画面です。「実行」をクリック。

f:id:rismoco:20170121002833p:plain

下の画面です。チェックボックスにチェックを入れて、「設定」をクリック。

f:id:rismoco:20170121002856p:plain

下の画面です。スタートガイドに重要書きがあったので、引用します。

f:id:rismoco:20170121003022p:plain

やることは、2つです。

○ インストール枠内の表記の書き換え

○ チェックボックスのチェックを外す

上の注意書きを参考に行なってください。下の画面です。「次へ」をクリック。

f:id:rismoco:20170121003219p:plain

下の画面です。インストール画面となります。インストールが完了したら「完了」をクリック。

f:id:rismoco:20170121003758p:plain

下の画面です。デモ口座申請画面です。「キャンセル」をクリック。

f:id:rismoco:20170121003730p:plain

これで、MT4のダウンロード完了です。

4)MT4にログインしよう

ダウンロードしたMT4 を起動させ、画面左上の「ファイル」から「取引口座にログイン」を選択すると、ログイン画面が表示されます。

下の画面です。「ログインID」「パスワード」を入力、「サーバー」は「FXTrade-Live」を選択し、「ログイン」をクリック。

f:id:rismoco:20170121004557p:plain

これで、ログイン完了です。

5)FXTF MiniTerminalをインストール

今度は、「ミニターミナル(Mini terminal)」という発注ツールのインストールです。何故かというと下の画面。

f:id:rismoco:20170121010001p:plain

MT4は高機能だが、このままでは発注機能が使いづらい。なので、初心者でも簡単に発注・決済ができる「ミニターミナル」という発注ツールをインストールしましょうということです。

下記のリンクからダウンロードページにアクセスできます。

www.fxtrade.co.jp

下の画面です。

f:id:rismoco:20170121011948p:plain

下の画面です。「実行」をクリック。

f:id:rismoco:20170121012016p:plain

下の画面です。「インストール」をクリック。

f:id:rismoco:20170121012049p:plain

インストール完了です。MT4を再起動させましょう。

6)実際に取引をやってみよう

下の画面です。MT4取引画面を立ち上げます。取引したい通貨を左の「通貨ペア」からドラッグして、右の「アップデート待機中」にドロップします。私は「USD/JPY」を選択しました。なお、取引画面は4つあるのでいらない画面は消しましょう。

f:id:rismoco:20170314212839p:plain

下の画面です。ドラッグするとこのような画面になります。

〔補足〕下の「口座履歴」をクリックすると、入金確認が出来ます。

f:id:rismoco:20170314212856p:plain

下の画面です。「ミニターミナル」を取引画面に表示させましょう。左の「ナビゲーター」から「エキスパートアドバイザ」→「FXTF Mini terminal」を「ドラッグ」して取引画面に「ドロップ」します。すると赤囲みの発注ツールが表示されます。

これが「ミニターミナル」です。これを使って注文を行います。

f:id:rismoco:20170314212935p:plain

下の画面です。素早く決済注文ができるように設定を行います。青い「設定」のアイコンをクリック。

f:id:rismoco:20170123221000p:plain

下の画面です。「設定」をクリック。

f:id:rismoco:20170123221132p:plain

下の画面です。注文及び決済時に確認表示が出ないように、上2つのチェックボックスを外し、「設定を保存」をクリック。

f:id:rismoco:20170123221808p:plain

設定が済んだら、ようやく実際の取引です。

ここまで長かったですね。それでは気を抜かず集中して行いましょう。

私は下記のように設定しました。赤線を上から見ていきます。

f:id:rismoco:20170123220904p:plain

1.通貨USD/JPY」。これは「米ドル/日本円」という意味です。
2.数量は「0.1」。これは0.1ロット=10,000通貨(ドル)という意味です。

1,000通貨コースでは1ロット=10万通貨と設定されています。注意しましょう。

f:id:rismoco:20170123213833p:plain

3.S/Lは、「5.3」pip。損切り(ストップロス)価格です。1pip=0.010円なので5.3pipだと0.053円です。1万通貨取引なので0.053×10,000=530円の損失が出た場合に、自動で決済注文がされるように設定します。

最小設定幅が5pipとスプレッドが0.3銭なので、「5.3」pipとなります。試しに5.2で設定で、注文してみましたが、注文できませんでした。

4.売買区分は「売り」または「買い」どちらを選択しても結構です。なお、このボタンをクリック段階で、取引がスタートします。私は、「売り」から入りました。

それでは、「売り」をクリック。

下の画面です。赤囲み部分のボタンをすぐにクリック。陸マイラーの伝家の宝刀「即時決済」です。素早く手続きを進めましょう。

f:id:rismoco:20170123222125p:plain

下の画面です。「全てのポジションの決済」をクリック。

f:id:rismoco:20170123222212p:plain

下の画面です。元の取引画面に戻るには、赤囲みボタンをクリックします。

f:id:rismoco:20170123222528p:plain

 お疲れ様でした。これで20,000通貨(新規10,000+決済10,000)取引完了です。10秒かかりません。簡単ですね。これを25回行って50万通貨取引完了となります。

〔注意!〕2017年3月1日以降は、「決済」注文をカウントしなくなっています。なので上記の取引では、「新規」10,000通貨取引が完了ということになります。これを50回行えば、50万通貨取引完了ということですね。

それでは、先程の取引履歴を確認してみましょう。取引画面下の「ターミナル」画面の「口座履歴」をクリックすると取引履歴が確認できます。

f:id:rismoco:20170123223010p:plain

 下の画面です。この取引では、100円の損失が出ていますね。

 

最終的に私が行なった取引の損益の結果は、480円の損失となりました。少々損失が出てしましましたが、これで12,600マイルと思えば、文句なしですね。

 

これにて、ポイント獲得条件クリアです。簡単ですね。あと、注意点としては、ポイントが確定するまでは、出金は絶対しないようにしましょう。

4.ポイントの確定までの判定期間は?

〔H29.3.2追記〕下の画面です。広告にはポイントの判定期間は、取引後約60日と記載されていたのですが、申し込みから約1ヶ月半でポイント確定です。結構待ちました。ホッとしました。

f:id:rismoco:20170302203917p:plain

まとめ

今回は、「FXトレード・フィナンシャル」の口座開設~取引の手順を図解で解説しました。分かりにくいところはなかったでしょうか。なお、この記事は、冒頭でも記載した通り「初心者陸マイラーでポイント獲得条件をクリアするために初めてFX取引をする」そんな方へ向けた記事になっております。少しでも参考になれば幸いです。

とりあえず、せっかく口座開設したので今後、使っていきたいと思います。

※当該記事は、あくまで広告サービスを利用することを主目的としています。ポイント獲得行為を主目的とするものではなく、また、それを推奨するものではありません。