HeyMileLab.

大量ANAマイルの貯め方を実践解説!酒・音楽・登山・資格取得をこよなく愛する一級建築士・陸マイラーブログ!

MENU

【陸マイラー】クレジットカード申込の基礎知識と実践方法まとめ!

f:id:rismoco:20170121224734j:plain

今回は、陸マイラー向けクレジットカード申込の基礎知識と私の実践方法について紹介します。

 さて、クレジットカード発行でポイントを稼ぎ、マイルを貯める方法を実践していない陸マイラーは、ほとんどいないと思います。「安定的に高額なポイントを稼ぐ」ことが出来るからですね。

 

先日、陸マイラーになった友人に聞かれました。 

友人は、クレジットカードの「多重申込」について気になったようです。

「多重申込」とは同時に又は短期間で複数枚を申し込むことですね。

 

『一気にポイント貯めたいんだけど、クレジットカードって多重申込して大丈夫なの?発行した後のクレジットカードはどうするの?』

 

自分も陸マイラー始めた当初に一番に気になった点です。自分もネットで調べて、それでも不安だったので、信頼できる先輩陸マイラーに話を聞いて後押ししてもらった記憶があります。

ネットの情報の判断するって本当に難しいですよね。結局、自己判断という部分はどうしてもつきまとうんですが、クレジットカード申込に関してこの記事がどなたに参考になればと思います。

それでは、まず基本的なところから押さえていきましょう。

1.クレジットカード申込から発行までの流れ

クレジットカードの申込を行なった際、クレジットカード会社は審査を行います。でも申込をしたすべての人が審査に通る訳ではありません。申込者が「信用」できる場合に、審査が通ってクレジットカードが発行される訳ですね。

では、その申込者が「信用」できるかをどのようにクレジットカード会社が把握するかというと、クレジットカード会社の共同出資で設立されたCIC(シー・アイ・シー)という信用情報機関に照会をかけます。

CICには、クレジットカードやローンの「申込情報」「契約の内容」「支払状況」「利用記録」などが登録されています。

クレジットカード会社は、ここに登録された申込者の「信用情報」を確認してから、クレジットカードを発行する訳です。

〔補足〕CIC(シー・アイ・シー)は下のリンクを参照して下さい。このホームページに詳しく記載されていますので、お時間がある時でも目を通されるといいと思います。自分も大変勉強になりました。なお、手数料を払えば、CICに登録された自分の「信用情報」も開示することが可能です。

www.cic.co.jp

ということで、クレジットカード申し込みにあたって、自分の「信用情報」というものが重要であることが分かったと思います。

2.クレジットカード案件で私が気をつけていること

以上を踏まえ、陸マイラーとして、どのようなことに気をつけるべきか、私の実践している方法を紹介します。

 1.多重申込しない

 2.審査に落ちた場合は、6ヶ月間申し込まない

 3.発行したカードは、数回使う

 4.キャッシング枠を0円にする

 

それぞれ見ていきましょう。

1)多重申込しない

クレジットカードを多重申込するとどうなるか。申込情報が、CICに登録されますよね。そしてクレジットカード会社が、CICに情報の照会をすると、多重申込していることが分かります。

多重申込は、支払能力について疑われ、審査に通る確立が低くなります。審査に落ちれば、カードが発行されなかったという情報もCICに残ります。するとますます審査に通りにくくなります。

なので、私は、以下の点に注意しています。

 ○ 申し込みは、月一枚程度にする

 ○ 審査結果がでてから次のカードを申し込む

〔補足〕ちなみに月何枚申し込みしたら審査に落ちるという基準はありません。月一枚というのあくまで経験的な目安です。「信用」の判断はクレジットカード会社によって違います。逆に言えば、月三枚申込でも審査が通る場合もあります。

2)審査に落ちた場合は、6ヶ月間申し込まない

クレジットカードの申し込みを行なって審査に落ちた場合を考えてみましょう。この場合、別のカードを申し込むといったことは、やめておいた方がよいです。というのも、審査に落ちて、カードが発行されなかったという情報がCICに残りますよね。

当然、他のクレジットカード会社もCICに照会をかけるとその情報を把握することが出来ます。そういった情報が残っている間に申し込みを行うと、審査を通過する可能性も低いですし、審査に落ちれば、更に「信用情報」に傷がつくだけです。

なお、CICに登録された申し込みの履歴が消えるまでの期間は6ヶ月です。

先程のCICホームページにも記載されています。6ヶ月後には、自動的に抹消されます。「信用情報」をクリーンにして申し込みをすることをオススメします。

3)発行したカードは、数回使う

全く利用履歴のないクレジットカードを発行し続けると、クレジットカード会社に「危険」な印象を与えかねません。そういった疑いをかけられないためにも、発行したカードは、少額でも数回使って、よい「信用情報」の履歴を残すようにしています。

4)キャッシング枠を0円にする

キャッシング枠があるクレジットカードを発行すると、クレジットカード会社側には「お金(資金繰り)に困っている人」という印象を与えます。実際、キャッシング利用残高がある場合だと、審査にかなり影響するでしょう。

そこでクレジットカード会社に警戒されないためにも、申し込みにおいては、キャシング枠を0円にしています。ただ、ポイント獲得条件でキャッシング枠の設定がある場合がありますね。そういった場合は、ポイントが確定してから0円に設定しましょう。

3.発行したクレジットカードは?

現在、私は10数枚のクレジットカードを保有していますが(陸マイラーになる前・なった後含め)、今のところは、特段解約などしていません。しかし、一定の期間をめどにして解約していくつもりです。

ただ、発行して直後に解約するとなると「信用情報」的にどうかということもありますので、一年程度は保有することにしています。年会費がかかるものについては、更新前に解約することになりますね。

陸マイラーとして月一枚クレジットカードを発行し続けると一年で12枚。10年で120枚ですね(笑)いつまで陸マイラー活動を続けるか分かりませんが、単純計算だとそれくらいになりますね。

コレクションの趣味は全くありませんが、心境も変わってくるのでしょうか。陸マイラーならではの「あるある」なので、一般の方には、会話のネタとしては非常に使いづらいですね(笑)

まとめ

今回は、陸マイラー向けのクレジットカード多重申込についての基礎知識と私の実践方法について紹介でした。クレジットカード申込に関してこの記事がどなたかの方に参考になればと思います。